70代の任意保険の選び方|70歳以上の保険料相場や注意点などを解説

70代(70歳以上)の自動車保険の相場と選び方


70代になっても仕事や生活のために車が必要という方もいらっしゃいます。65歳から交通事故件数は上昇傾向にあるため、保険料は年齢を重ねるごとに高くなっていきます。

では、70代の自動車保険料はいくらなのでしょうか。実際に見積もりを取ってみました。70歳以上の保険料の相場や保険の選び方などについて解説していきます。

【70代の自動車保険相場】70歳以上の保険料はいくら?

70代の自動車保険料はいくらなのでしょうか。実際に三井ダイレクトと損保ジャパンで見積もりを取ってみました。

見積もりの条件と結果は次の通りです。

見積もりの条件

■見積りした車の基本情報 / 車両 ※個別に設定 / 初度登録年月 2016年12月

■主に運転をする人(記名被保険者)の情報 / 記名被保険者 70歳男性 / 運転免許保有者 本人 / 主な使用地 岡山県岡山市 / 免許の色 ブルー / 運転者の範囲 家族限定 / 運転者年齢条件 35歳以上補償

■自動車保険の内容 / 等級 17等級(見積もり時は16等級) / 事故有係数適用期間 0年 / 使用目的 日常・レジャー / 予想年間走行距離 5,000km超10,000km以下 / 対人賠償保険 無制限 / 対物賠償保険 無制限 / 搭乗者傷害保険 なし / 人身傷害保険 3,000万円(搭乗中のみ補償タイプ) / 車両保険 ※車両ごとに設定 免責5万円-10万円 / 付帯した特約 弁護士費用特約 / 各種割引 新車割引、エコカー割引、インターネット割引、証券不発行割引


※損保ジャパンは、インターネット割引、証券不発行割引がありません。
※今回の見積もりで、エコカー割引の対象となる車両はトヨタ プリウスです。


見積もり結果
等級 車種 型式 保険会社 車両保険
金額
車両保険
一般型
車両保険
エコノミー
車両保険
なし
料率クラス
2017
17等級 ホンダ
N-BOX
JF1 三井ダイレクト 160万 56,110円  43,940円 31,280円
SBI損保  –  –
損保ジャパン 79,340円 61,090円  40,820円
トヨタ
プリウス
ZVW50 三井ダイレクト 250万 78,720円 54,980円 37,240円 車両料率クラス 5
対人料率クラス 4
対物料率クラス 5
傷害料率クラス 4
SBI損保  –
損保ジャパン 110,410円  78,410円  51,200円
日産
NOTE
E12 三井ダイレクト 200万  62,280円  45,880円 34,290円 車両料率クラス 3
対人料率クラス 4
対物料率クラス 4
傷害料率クラス 4
SBI損保  –
損保ジャパン  88,170円  66,220円 47,560円


※軽自動車は料率クラスがありません。
※SBI損保では記名被保険者が70歳以上の場合、Webサイトからのお申込みはできません。

自動車保険70代の平均相場

今回の見積もり結果について、三井ダイレクトと損保ジャパンの保険料の平均を出しました。70代の場合、自動車保険の平均価格がいくらになるのか。平均相場として、参考にしてみてください。

等級 車種 型式 保険会社 車両保険
金額
車両保険
一般型
車両保険
エコノミー
車両保険
なし
17等級 ホンダ
N-BOX
JF1 損保2社
平均
160万  45,150円 35,010円 24,033円
トヨタ
プリウス
ZVW50 250万 63,043円 44,463円  29,480円
日産
NOTE
E12 200万  50,150円  37,367円 27,283円

70代の任意保険|70代から保険料は高くなる

70代の保険料は60代の頃に比べて高くなります。実際に三井ダイレクト損保で、20等級の場合の見積もりを取ってみました。年齢だけ変えて、他の条件は同じにしています。

○車両 プリウス / ○初度登録年月 2016年12月 / ○免許の色 ブルー / ○事故有係数適用期間 0年 / ○使用目的 日常・レジャー / ○予想年間走行距離 5,000km超10,000km以下 / ○車両保険 250万 免責5万円-10万円

補償範囲 年齢 年齢条件 等級 車種 車両保険
金額
車両保険
一般型
車両保険
エコノミー
車両保険
なし
本人限定 65歳 35歳以上補償 20等級 トヨタ
プリウス
250万 51,560円 35,860円 23,980円
70歳 54,480円 38,580円 25,830円


60代以降、保険料は徐々に上がります。車両保険一般型の保険料を見ると、65歳と70歳では、2,920円の差が出ています。

保険料は事故リスクの高さで決まります。警視庁の交通事故発生状況のデータを見ると、70歳から交通事故発生件数が上昇しています。

免許保有者10万人当たりの交通事故件数
年齢層別 23年 24年 25年 26年
16~19歳 2,296.3 2,272.3 2,189.5 2,057.0
20~24歳 1,399.7 1,390.3 1,325.9 1,202.9
25~29歳 992.3 983.9 932.3 866.4
30~39歳 746.1 724.6 683.7 621.5
40~49歳 691.5 662.8 629.8 578.7
50~59歳 683.1 643.3 600.1 540.3
60~64歳 707.5 676.8 635.8 569.4
65~69歳 721.4 647.4 609.7 545.9
70~74歳 750.4 711.0 650.0 604.9
75歳以上 912.0 854.0 818.2 758.9



70代になると事故リスクが高い年代となるため、保険料もそれなりに高くなります。70代では、ゴールド免許割引20等級の割引率63%ノンフリート等級制度を参照)で保険料を安くしていくといいでしょう。安全運転が保険料を安くする上で大切です。

70代の任意保険の選び方

70歳以上になると、SBI損保のようにWeb申込みができない保険会社も出てきます。70歳、75歳といった節目ごとに、免許返納を考えてみるのもいいでしょう。免許返納の際には中断証明書を取得しておくことで、今まで上げてきたノンフリート等級を最長10年間保存することができます。

70代になっても、基本的には60代の自動車保険の選び方と考え方は同じです。免許返納についてなど、60代の自動車保険の記事も参考にしてみて下さい。

70歳以上の自動車保険では、1年ごとの自動車保険契約ではなく、例えば3年間の長期契約を検討してみるのもいいでしょう。車両保険といった保険を使っても、3年契約の場合、3年間は等級が下がらないので、保険料の上昇を抑えることができます。

高齢者に多い交通事故の例として、ブレーキとアクセルを間違えて建物に突っ込んでしまう、というものがあります。

コンビニなどの建物に突っ込んでしまった場合の損害賠償額は、1億円を超えることもあります。70歳以上の保険料が高くなるからといって、補償を安易に削ったりするのはよくありません。対人賠償、対物賠償は無制限にする必要があります。必要な補償はしっかりと付けていきましょう。


2015年の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳 、女性が87.05歳です。日本は世界的に見ても長寿国です。70代、80代でも車を運転している人はいますが、心にも体にも余裕があるうちに、ドライバーを引退することも含めて、無理のない運転計画を立てておきたいものです。


自動車保険一括見積もり

インズウェブ自動車保険一括見積もり

無料一括査定

かんたん車査定ガイド